外で使う強力な蚊取り線香!『パワー森林香』キャンプにもオススメ

気候が温かくなるにつれて虫が多く発生しますが、夏は特に『蚊』が多く発生します。刺されると、もれなく痒くなる厄介な奴です。
そんな時に昔からの対策方法としてまず思いつくのが『蚊取り線香』です。通常の緑色の蚊取り線香は自宅のベランダなどで使用する分には問題ないと思いますが、いざアウトドアなど本格的に屋外で使うとなると、やや心もとない気もします。そんな中、最近では効き目の強力な蚊取り線香も多く発売されております。今回は屋外での効き目が強力と噂される児玉兄弟商会の『パワー森林香』を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

目次

商品詳細


・虫よけ線香30巻入り
・箱サイズ:幅11㎝×奥行12.5㎝×高さ11㎝
・使用時間:4時間

※紹介しているものは専用ケースとセットで販売されているものですが、蚊取り線香とケースが別々で販売されているものもあります。

蚊取り線香とパワー森林香の違いは?

メーカーサイトでも説明されていますが、パワー森林香は『蚊取り線香ではなく、強力な防虫香』となっております。
これだけを見てしまうと殺虫効果はないの?と不安に思ってしまいますが、ご心配なく・・・。表向きは防虫(虫が寄り付かない)となっておりますが、殺虫効果のある成分も含まれているので安心してください。
また、説明では『蚊やブヨ』は対象害虫には入っていませんがでは、蚊取り線香とパワー森林香の1番の違いはというと、成分です。

まずは蚊取り線香ですが、通常、メインに含まれているものは『アレスリン』と呼ばれる成分です。アレスリンとは除虫菊(シロバナムシヨケギク)と呼ばれる植物に含まれているピレトリンという殺虫成分を科学的に作られたピレスロイド系の1つです。

では次に、パワー森林香にはどんな成分が含まれているのかというと、それは『メトフルトリン』と呼ばれる成分です。
メトフルトリンもピレスロイド系であり殺虫効果があります。また人体への影響も少なく安全性はアレスリンと同じく高いです。そして、最大の特徴である殺虫防虫効果ですが、アレスリンに比べて数十倍の効果があるとの事です。

スポンサーリンク

なぜ蚊やブヨは適用害虫になっていない!

説明の対象害虫の所に『ユスリカ・チョウバエ・アブ』となっており肝心の『蚊』が入っていないのです。
しかし、パワー森林香に含まれている成分の『メトフルトリン』はしっかりと蚊やブヨを忌避・殺虫する効果があります
では、なぜ蚊やブヨの表記がないのかといいますと、医薬品・医薬部外品でないため表記できないのです。

特徴

パワー森林香と名乗っている様に、屋外で作業されている方向けに販売されている威力の強い虫除けです。
通常の蚊取り線香との成分の違いは先程説明した通りですが、パワー森林香の特徴は何といっても幅と太さが圧倒的に普通の蚊取り線香よりも太いということです。幅も太さも通常の蚊取り線香よりも1.5倍程度も分厚くなっています。
それにともない煙の量も多くなり成分の拡散量も多くなっています。

燃焼時間は?

通常の蚊取り線香は10㎝で1時間程度燃焼され、1巻で7~8時間程度の燃焼時間です。
ではパワー森林香の燃焼時間はというと・・・1巻で5~6時間程度です。
燃焼時間は風や湿度など当日の気象条件にも左右されるため、快適にアウトドアを楽しむためにも出来る限り余裕を持って予備を持っていくことをオススメします。

どんな匂い?

通常の蚊取り線香は昔ながらの線香の香りや最近ではアロマの香りなど様々な香りを選ぶ事ができるようになっていますが、パワー森林香の匂いは通常の蚊取り線香プラスαの香りがする為あまりお洒落な香りではないです。
注意点として、カバンやギアケースに不用意に入れてしまうと匂いが他のグッズに移ることがあるので気を付けてください!

赤ちゃんやペットにも大丈夫?

威力の強いパワー森林香ですが、人体への影響はどうなのか?
結果から話すと安全性は通常の蚊取り線香とほぼ同等レベルの安全性です。メトフルトリンの体内に入っても素早く体外に排出されるので子供やペットにも安心して使用する事ができるのです。注意として、アレルギー体質の方は影響のあることもあるので使用する際は注意をした方がいいようです。

終わりに・・・

いかかでしたでしょうか?
見た目は蚊取り線香と同じ見た目ではありますが、大きさや成分の違いがあり効果にも大きな差があります。
匂いがやや強いというデメリットもありますが、虫が多く発生する夏のキャンプやバーベキューには一つあると安心できるアイテムになっていると思います!

 

 

 

 

スポンサーリンク
Pocket