キャンプのみならず自宅や銭湯でも使われている大人気コールマンのインフィニティチェア。
リクライニングすると頭から脚までが地面と平行になり快適性はどのチェアよりも抜群でもはや無重力のベッド。
そんなインフィニティチェアを更に快適にするアイテムが“ドリンクホルダー”ですが、どんなドリンクホルダーがあるのかを見ていきたいと思います。
インフィニティチェアについては“コールマン『インフィニティチェア』のスペック!口コミはどうなの?”も参考にして下さい。

スポンサーリンク

ドリンクホルダーのメリットってなに?

インフィニティチェアには肘置きはありますが、ドリンクホルダーはついていません。
飲み物を取る時は体を起こしてテーブルに手を伸ばさないといけないですが、インフィニティチェアはお尻が沈んでいるので体を起こしにくいのが欠点です。
そこで後付けのドリンクホルダーがあると画期的に便利になるのですが具体的にどんなメリットがあるのかを見ていきます。

●飲み物が取りやすい●

ドリンクホルダーががあるとリクライニングしていても手を伸ばすだけで飲み物を取る事ができます。
インフィニティチェアの最大の泣き所を消し去ってくれます。

●取り外しが出来る●

後付けのドリンクホルダーは“取り外しが出来る”というメリットがあります。
シーンによって使ったり使わなかったりできるのも便利なポイントです。

●物が置ける●

後付けのドリンクホルダーはテーブル機能も兼ね備えているタイプもあり、飲み物と一緒に小物を置いておけ便利です。
ドリンクホルダーのみになっているタイプは小物は置けないですが・・・

スポンサーリンク

デメリットはあるの?

結論として、デメリットはほぼありません。
唯一、後付けのドリンクホルダーをインフィニティチェアに取り付けることで起こるデメリットは“荷物が増える”だけです。
取り付けて大正解との意見が大多数です。

どんなドリンクホルダーがあるの?

インフィニティチェアにどんなドリンクホルダーが使えるのか見ていきましょう!

●コールマン カップホルダー●

これはコールマン“純正のドリンクホルダー”で“耐荷重は5㎏”になっています。
少し値段は高いですが純正品だけにフィット感は抜群、ちょっとした小物も置けるサイドテーブル使用になっているので便利です。
カップが大きすぎると使えないこともあるので注意して下さいね。
また、このタイプは類似商品も安くで売られていますが“傾いて使えない”などの口コミも多くみられます。

●キャプテンスタッグ ドリンクホルダー●

お手頃な価格でキャンプ用品を発売するキャプテンスタッグのドリンクホルダーで“耐荷重は1㎏”になっています。
テーブルタイプではないので小物を置けないですが“ドリンクだけでいいというならこれで十分”です。
ドリンクホルダーの取り付け位置を後ろ足部分にしてしまうとリクライニングすると当たってしてしまうので注意して下さい。
●キャプテンスタッグ サイドトレー●

これまたキャプテンスタッグの製品になりますが、こちらはテーブルタイプなので小物を置け“耐荷重は1㎏”になっています。
しかし、飲み物を置くところがやや浅いので“こけない様に少し注意が必要”です。
これまた取り付け位置によってはリクライニング時に当たってしまうので注意が必要です。

終わりに・・・

もともと完成度の高いインフィニティチェアですが、ドリンクホルダーを付けることでより快適になります。
もしインフィニティチェアを購入され、ドリンクホルダーを付けていない方がいたら是非使う事をオススメします。

スポンサーリンク
Pocket