百均の王様『ダイソー』にはコスパ最強のキャンプグッズが恐ろしいほど並んでいます。
そんなダイソーからワンちゃん猫ちゃん用のキャンプ用品も売り出されておりいるのはご存じでしょうか?
その中でもなんと『ペット用テント』があるではないですか⁉
今回はこのペット用テントのメリットやデメリット、組み立て方などを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ペット用テントの魅力は?

●スペック●
  • 使用時サイズ:56㎝×56㎝×68㎝
  • 材質:本体/ポリエステル 綿 コットン 木材部分/ユーカリの木
  • カラー:ブラック ホワイト
  • 価格:(税込み)550円
スポンサーリンク

組み立て方は簡単?

組み立て方は恐ろしく簡単です。
フレームとなる木材の頂点部分は紐でくくられているので、脚部分を広げてクッション(敷マット)をセットすれば完成。
入り口部分はトグル(留め具)がついているので幕を広げた状態にしておく事も可能。

メリットは?

●コスパがいい●

これで“500円”なのですから圧倒的なコスパとクオリティには脱帽です。
買い換えやすい値段なので多少、雑に使っても安心です。

●お洒落●

百均ですが見た目にも手を抜いていないデザインになっています。
星柄は個人的にも好みで、“可愛いデザイン”といった感想を多く拝見します。

●簡単に設営が出来る●

広げるだけで設置が完了するので、キャンプの時は“持ち運びも簡単”にでき助かります。

デメリットはあるの?

●小さい●

大きさが“56㎝×56㎝×68㎝”と小型犬用(トイプードル・チワワ・ミニチュアダックス・シーズー・※柴犬など)での使用サイズになっていますね。
自宅では猫ちゃんに使ってもらっている方も多いようです。
(※柴犬はカテゴリーとしては小型犬に分類されていますが、ワンちゃんによっては大きくなるので注意してください)

●安定性がない●

自宅で使う分には問題ないですが、軽量で安定性が低いのでキャンプで使うとなれば“風で飛ばされない様に注意が必要”です。

●耐久性は・・・●

500円としては凄まじいクオリティです。
しかし、アルミやステンレスをではないので“屋外で使用していると木材が腐敗する”こともあります。

●毛が付きやすい●

ワンちゃん・猫ちゃんと一緒に生活している方は当然かもしれませんが、本体部分やクッションに毛が付きやすいので掃除は頻繁にした方がいいです。

●汚れる●

キャンプで使うとなればかなりの確率というか絶対に汚れます。
グランドシートの上やペット用のコットの上で使う事がオススメです。

終わりに・・・

いかがでしたでしょうか・・・
もはや百均ではないですが、500円としては恐ろしいほどの完成度ではないでしょうか。
結論としては、主に室内で使っている方が多く、キャンプで使うのであれば汚れない様に少し工夫する必要がありそうですね。
ですが、気軽に買い替えが出来る値段設定を考えればガンガン使って交換するのもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク
Pocket